今泉ん家はどうやらギャルの溜まり場になってるらしい第4話のあらすじ

今泉ん家はどうやらギャルの溜まり場になってるらしいの第4話のあらすじを紹介します。

今泉ん家はどうやらギャルの溜まり場になってるらしい

今すぐ試し読みする>>

今泉ん家はどうやらギャルの溜まり場になってるらしい第4話のあらすじ

ユキナは真顔ですぅーっと立ち上がりパンティを脱ぐ。

まだまだおさまることのない今泉のチンポをそっと握り…

「ねぇ今泉…次はその精子…ここにちょうだい…」

ユキナは今泉に返事の時間を与えることなく、そのまま立ち挿入!

(僕のが…佐々木さんの膣内に…)

今泉があたふたしてる間…

「ちょっとユキナ!何アタシより先に挿れてんだよ!」

「は?別にいいじゃん!減るもんでもないし」

「あぁ〜あ…ユキナ生で挿入れちゃったよ…」

今泉を完全にロックオンしたユキナは懇願…

「そんなことよりさ…今泉早く動いてよ…一緒に気持ちよくなろ…」

今泉は童貞でも、セックスの知識はある…健全な男の子なのだから。

ユキナの左足を抱え上げピストンできる体勢に。

パン!パン!力強く膣内の奥まで打ち込む。

「んぁ!いいよ!やっぱ思った通り今泉のチンポいい感じだよ!」

初めてのセックスに今泉はとろけそうになる。

(佐々木さんの膣内気持ちいい…腰が抜けてしまいそうだ…)

ノッてきたユキナもセックスに拍車をかける。

「今泉の唇ってぷりぷりしてて可愛いね」

「んぁ…塞いじゃいたくなる…」

そう言ってユキナと今泉は舌を絡ませ合う。

「もっと激しく今泉ぃぃ!」

そんな燃え上がる2人をみてレイナとルリはイライラ…

「なんかさ2人だけ盛り上がってムカつかない?」

「だな…ちょっとちょっかい出してやるか」

そう言って4Pモードに突入!

「こらぁ今泉ぃ〜アタシら放置してパコりやがってよぉ〜」

「いい度胸してるじゃねーか!」

そう言ってレイナは巨乳で今泉の顔をホールド!

「まだ罰ゲームは終わってないよーん」

そう言ってルリはさっきよりも奥深くアナルを吸い上げる。

挿入されるユキナも反論。

「ちょっとレイナ邪魔しないでよ!」

「ケチくさいこと言うなよ〜がっつりチンポ入ってんだかんよ」

そう言いながらレイナは今泉にあ~んと口を開かせる。

「おら今泉…アタシの唾液やっからありがたく飲めよ」

チンポを挿入し、唾液を飲まされ、アナルがふやけるまで舐め上げられてる。

そんな中今泉はふと思う…

学校で人一倍目立っていて…

可愛くて近寄りがたかった浜崎さんたち…

そんな彼女達が教室で3人一緒にいる姿はとてもキラキラしていて素敵だった…

クラスの男子たちもきっとそう思っていると思う・・

そんな3人と僕が…こんなエッチなことしてるなんて!

3点責めされる今泉はもう限界だった。

「あぁぁ!佐々木さん佐々木さん!出ちゃうよぉ!」

「いいよ!たくさん中にぶちまけて!」

びゅびゅー!

「あつぅぅ!」

今泉はユキナに大量に中出しをきめた。

(すごい…精子を搾り取るように膣がうねってる…真っ白になっちゃいそうだ…)

「いまちん…ホントに中出ししちゃったね」

「こいつ案外怖いもの知らずだな…」

「すげぇ精子の量なんですけどwww」

「これはえっろですな」

満足げにユキナも漏らす。

「あーマジで良かったよ今泉。」

「てかこれ後でピル飲んどかないとマジでヤバそうだな」

今泉はボテっとベットに倒れ込んだ。

(さ、さすがにもう無理だよ…)

すかさずレイナが今泉に馬乗りになる。

今泉ん家はどうやらギャルの溜まり場になってるらしい

今すぐ試し読みする>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です